作品詳細

二宮くんはきもちいいと泣いてしまう

絶対零度X!

二宮くんはきもちいいと泣いてしまう

著者:福嶋ユッカ

「どうしよ…っ、涙…止まんな…っ」俺の愛撫で崩れちゃう、いつもは無表情な幼馴染の表情。こんなん、反則だろ…っ!二宮くんはいつも無表情。曰く、「俺の表情筋は死んでるから…」なんて寂しそう。幼なじみの砂原くんはその状態をどうにかしようと、特訓という名目で早速くすぐり攻撃をすることに!――すると、ピクンッと小さく跳ねる体に、いつもと違う甘い声…これはイケるかも!と調子に乗った指先で乳首をクリクリすると…二宮くんが思わず泣き出しちゃった!?――お前、きもちいいとそんな風になっちゃうの…?

Renta!で試し読み